サーチ債務整理
サーチ債務整理
ホーム > ヘアケア > 頭頂部に手鏡を当ててみたら旋毛が淋しい

頭頂部に手鏡を当ててみたら旋毛が淋しい

私が抜け毛を気にし始めたのは、つい最近のこと。それまでは全く気にしていませんでした。テレビで男性用育毛剤のCMなどを見ても「ふーん、男性は大変ね」と思っていました。事の発端は、とても久しぶりに高校時代の友人に会って食事をした先月。当時と変わらない笑顔の友人でしたが、どう見ても髪が頭頂部が減っている。色々話していると仕事のストレスでかなり疲れているようでした。

家に帰っても、なんとなく友人の髪の毛のことが気になっていて、おもむろに自分の頭頂部に手鏡を当ててみたら、なんだか旋毛の辺りが淋しいような。前髪を伸ばしてワンレンにしているのですが、分け目も随分変えてなかったので、よくよく見たら地肌が結構目立っているような。自分の髪の毛を気にし出したら止まらなくなり、電車やカフェでも他人の頭頂部を見て自分と比べてしまったり。このまま退化するわけにはいかないわ、と思い色々なことを始めました。

まずは、偏食を減らしてバランスの良い食事を取ること、22~2時のゴールデンタイムでちゃんと寝ること、朝早起きして川辺を散歩して体を動かすこと。これらをきちんと遂行するのは地味にきついのですが、やっぱり日々の努力ですね。あと、ビオチン+ミヤリサン+ビタミンCのサプリメントが髪や肌に良いそうなので摂取しています。

シャンプーも女性用育毛シャンプーでお馴染みの「50の恵み」にチェンジしてふんわりヘアーを目指そうと思います。髪の毛も肌から生えているわけで、やはり毎日の肌ケアのようにもっと気を使ってあげなきゃいけなかったんだろうなと思います。手遅れになる前に気づけて良かったです。

M字ハゲの発毛回復の手引きと育毛剤のお奨め